授乳で老けた?

授乳によるゲッソリ・たるみ老けはしっかりケアしましょう

妊娠中・授乳中は、お母さんの摂った栄養は赤ちゃん優先に行きわたります。そのため、どうしてもお母さんの栄養が不足しやすく、それがゲッソリやたるみなどの原因となり、産後老けたと感じてしまう要因になります。
授乳中に老けを感じたら、まず見直したいのが食事内容です。おなかがすきやすい授乳中、たっぷり食べているつもりでも、不足しやすいのがビタミンやミネラルといった体の調整に必要不可欠な栄養です。
特に鉄分不足による貧血には注意が必要です。
貧血はめまいや疲労を引き起こすことはご存知の通りです。
血液の働きは体の隅々まで栄養を運び、老廃物を回収することにあります。肌の毛細血管にまで栄養がいきわたらず、要らないものが放置されたままではうまく新陳代謝を行うことができず、くすみの原因にもなります。
お腹がすくと、パンやお菓子などに手が伸びがちですが、おやつや間食にもビタミンやミネラルといった栄養をしっかり補給することを頭におきつつ食べるものを選ぶことで、美容面もよい影響がでるのはもちろん、良い母乳を生み出すのもお母さんの食べ物のチョイス次第。
お肉や魚、野菜、きのこ、海藻など、バランスよい食生活を心がけて授乳期間を過ごすことで、産後ダイエットにも◎です。